- 沖縄2月の過ごし方 - 国内格安旅行のニーズツアー

東京発・大阪発の格安沖縄ツアー プラン数豊富!

沖縄役立ち情報

2月の沖縄で冬限定の楽しみ方を!

沖縄といえば夏をイメージする人も多いかもしれませんが、沖縄には真冬の2月ならではの楽しみ方があります。台風シーズンからも外れており、気温も10度を下回ることはほとんどないため安心して計画を立てることができます。夏の沖縄を経験済みの人も、2月の沖縄でしか体験できないさまざまなイベントやアクティビティを楽しんでみませんか?

気候の特徴や服装は?

2月の沖縄の気候は本州に比べだいぶ穏やかです。天気の良い日には、日中20度以上になることもありTシャツ1枚で過ごすことも可能でしょう。ただし、朝晩や曇天、雨の日には15度くらいまで気温が下がることもあるので、長時間出かけるときにはコートなどの上着を忘れないようにしてください。暑いときには薄着になれる服装の上に、寒い時には何か羽織れるもので体温調節するのがポイントです。
統計的には、2月は初旬に雨が降ることが多く、中旬、下旬にかけて次第に天候が安定することが多いようです。雨の日や、晴れていても風が涼しく感じられる日もあるので、小さくたためるウインドブレーカーなどを持っていくと重宝します。日中は上着を持ち歩く可能性が高いことも考慮して、厚手のセーターなどかさばるものを防寒着として持っていくのは避けたほうが無難でしょう。足元はサンダルよりスニーカーがおすすめです。本州の春や秋をイメージして、寒暖の差に対応できる服装で出かけてみてください。

史跡巡りツアーがおすすめ!

今帰仁城跡

日中は暖かいので、レンタカーで史跡巡りをするとよいでしょう。夏と違って紫外線も弱いため、史跡巡りは冬がおすすめです。しかも、沖縄の2月初旬は桜のシーズン。世界遺産の今帰仁城跡では日没後に城壁のライトアップや参道にろうそくを灯す「グスク花あかり」が催されるため、昼だけでなく夜も楽しむことができます。ほかにも、名護城跡、八重瀬城跡などで2月下旬から2月初旬にかけて桜まつりが開催されるため要チェックです。沖縄では「寒緋桜(カンヒザクラ)」という濃いピンク色の桜が主流です。写真写りもよく、旅の記念撮影をするのもいいでしょう。
ほかにも、首里城などの文化史跡や、斎場御嶽やガンガラーの谷といったパワースポットを巡ってみるのもいいでしょう。夏のハイシーズンと違い、人ごみを気にすることなく心ゆくまでのんびりと時間を過ごせるのもこの時期ならではです。夏に行ったことのある場所でも、2月にもう1度訪れることで違った雰囲気を感じることができるかもしれません。

テーマパークで一日遊ぼう!

アメリカンビレッジ

北谷町美浜にあるアメリカンビレッジは、イベントを見たりショッピングを楽しんだり、一日ゆっくり遊ぶことができるテーマパークです。シンボルとも言える観覧車がそびえるビレッジ内には、カラフルで個性的な建物のアメリカン雑貨、沖縄土産の店などがあります。レストランも多く、アメリカの国民食とも言えるハンバーガーやメキシカン、バリ料理など世界各国の料理を楽しむことができます。もちろん、沖縄の郷土料理店もあるため沖縄旅行を満喫したい人にもおすすめです。また、アメリカンビレッジはイルミネーションをはじめ、ライブハウスやストリートライブ、ダーツショップなど、夜のアクティビティも豊富です。沖縄のライブハウスとしては老舗のひとつ「ライブハウスモッズ」では年間を通してオールジャンルのライブが開催され、「カラハーイ」では沖縄料理を食べながら沖縄音楽を堪能することができます。ビレッジ近辺にはホテルもあるため、朝から晩まで存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

2月のおすすめイベントは?

image

プロ野球に興味がある人なら、2月は沖縄でキャンプを行う球団が多いので要チェックです。間近で迫力満点の練習風景が見られるのはもちろん、紅白戦や練習試合を見ることもできるかもしれません。運が良ければ、サイン会や練習の合間などに有名選手のサインをもらえる可能性もあるかもしれませんね。詳しい日程や場所は各球団の公式ホームページをチェックしてみましょう。沖縄本島だけでなく石垣島や久米島などでもキャンプが行われています。
もうひとつのおすすめイベントは「黒島牛まつり」です。八重山諸島のひとつ黒島では毎年2月下旬に牛まつりを開催しています。石垣牛を使った牛汁、牛そば、ステーキなどの露店のほかに、参加型のイベントもあり地元の人と一緒に盛り上がることができます。そして、目玉は牛丸ごと1頭が当たる抽選会。参加するにはフェリーの乗船券とセットのチケットを購入します。地元の人たちとふれ合い、文化を知る絶好のチャンスですのでぜひ参加してみてください。

まとめ

2月の沖縄は紫外線や台風といった天候による影響も少ないため、計画が立てやすい傾向があります。また、夏にはないさまざまなイベントやアクティビティがあり、夏に沖縄に行ったことがある人も違った楽しみ方を満喫することができるのも嬉しい点です。本州より一足早く桜を楽しみながら史跡巡りをしたり、テーマパークやプロ野球のキャンプを見に行ったりと、冬ならではの沖縄観光をしてみませんか?沖縄といえば夏という固定観念を覆す、沖縄の新たな一面を発見してみてください。

TOP