- 沖縄4月の過ごし方 - 国内格安旅行のニーズツアー

東京発・大阪発の格安沖縄ツアー プラン数豊富!

沖縄役立ち情報

4月の沖縄で初夏の観光を満喫しよう!

4月は沖縄に行くのに適した時期のひとつです。本土の4月は昼間と朝夕との寒暖差が大きいので服装の調節も難しい時期ですが、沖縄は最高気温が24℃を超え、初夏の陽気を感じるようになります。天候も安定した日が続き、快適に過ごすことができるのもこの時期の特徴です。一足早く海開きもされ、沖縄本島だけでなく各地でさまざまなイベントが開催されるようになります。ここでは、4月の沖縄旅行のポイントやおすすめスポットを紹介します。

4月の気候に合う服装は?

4月は沖縄では「うりずん」と呼ばれる、一年でもっとも過ごしやすい時期です。日中は半そでやノースリーブでも楽しめますが、中旬くらいまでは一日の中にも気温差があったり、日陰や冷房の効いた部屋では肌寒く感じられたりする日もありますので、脱ぎ着しやすい薄手の長袖を一枚持っておくとよいでしょう。下旬になると最高気温は27℃ほどになります。東京の7月頃の気温と考えておいたらよいかもしれません。足元は、晴れている日であればサンダルで大丈夫です。4月とはいえ、すでに日差しも強いので紫外線対策もしっかりしておきましょう。

圧巻の花火イリュージョンを!

琉球海炎祭

4月の沖縄本島で開催されるイベントで見逃せないのが「琉球海炎祭」。県外や台湾からのツアーも組まれるような大規模な花火大会で、沖縄の夏を告げる名物となっています。琉球海炎祭では、最新のテクノロジーが採用されているのが特徴で、約1万発の花火の音と光が共演する様子を見ることができます。メインイベントの花火イリュージョンでは、沖縄民謡から最新のヒット曲やオペラまで流れ、さまざまな音楽に合わせてコンピュータ制御された花火が打ち上がる様は圧巻です。音楽と、花火が実によく合っているので、思わず踊りだしたくなってしまう人もいることでしょう。琉球海炎祭は毎年、4月中旬の土曜日に開催。2018年は4月19日に開催されました。会場は、宜野湾海浜公園トロピカルビーチです。

4月に離島観光がおすすめの訳は?

赤瓦

沖縄は与那国島や竹富島など多数の島からなっている県です。八重山諸島のなかには、石垣島や、与那国島、竹富島などの特色ある離島も数多くあります。離島観光を楽しむのであれば、石垣島に渡ったほうが与那国島や竹富島にも行きやすいでしょう。与那国島は日本最西端の島で、国内でもっとも遅い夕陽を見ることのできる場所としても知られています。ドラマ「Dr.コトー」のロケ地となったことでさらに知名度が高まりました。
竹富島は赤瓦屋根の集落が特徴の島で、石垣島からも近く人気のある島です。赤瓦屋根の街並みは景観保護地区に指定されており、島の住民の手によって守られています。竹富島に行ったら、水牛車で集落を回ってみましょう。水牛のゆっくりとした歩みに身を任せていると、いつもとは違う時間の流れを感じられるはずです。
与那国島へは飛行機であれば、那覇から約1時間30分、石垣島からなら30分です。船での移動は石垣島から与那国島まで4時間30分ほど。竹富島へは、石垣島から船で10分です。せっかく日常から離れて沖縄タイムを楽しむのであれば、ぜひ船を利用してみてはいかがでしょう。船移動は天候に左右されるところが大きく、海が荒れると船は大きく揺れます。普段船に乗らない人であれば、体調を崩してしまうこともあるかもしれません。台風や低気圧が発生しやすい時期には、運航しないこともあります。その点、4月なら比較的天候が安定しているので移動もスムーズですし、欠航するリスクも低いと言えるでしょう。また、沖縄は人気のある観光地なので夏休みなどの長期休暇期間中はたくさんの観光客が訪れます。4月なら観光シーズンに入る前なので、混雑に巻き込まれることなくゆっくり観光を楽しめるのもポイントです。

マリンレジャーを楽しもう!

沖縄の海は4月には各地で海開きを迎えます。海開き以降は、ライフガードが海水浴場に常駐するようになるのでマリンレジャーを楽しむのも安心です。人気のアクティビティとしては、定番の海水浴のほかシュノーケリングや体験ダイビングなどがあります。パラシュートをモーターボートで引っ張るパラセーリングも人気のマリンレジャーです。パラグライダーとは異なり、自力で離着陸する必要がないので子どもでも体験できるレジャーです。パラセーリングはほとんど水に濡れないので、真夏だと日差しが強くて大変かもしれません。4月はパラセーリングをするのもちょうどいい気候と言えるでしょう。
この時期にしては、本土より気温が高いとはいえ、海から上がると海風で肌寒く感じることもあります。寒さ対策として、ラッシュガードなどを持っていくのがおすすめです。よく晴れた日を選べばマリンレジャーも思い切り楽しむことができます。

まとめ

4月は初夏の陽気の沖縄を、思う存分楽しむことができます。暑くもなく寒くもないので過ごしやすく、まさに観光にはベストシーズンといえます。一年の中でも天候が比較的安定している時期にあたるということは、レジャーの面だけでなく、移動の面でも計画を立てやすいということができます。特に小さな子どもがいる家庭では、旅先での移動手段の確保は大きな問題ですよね。沖縄旅行を計画している人はこのコラムを参考に、いつ出かけるかを考えてみてはいかがでしょうか。

TOP