- 沖縄1月の過ごし方 - 国内格安旅行のニーズツアー

東京発・大阪発の格安沖縄ツアー プラン数豊富!

沖縄役立ち情報

1月の沖縄は狙い目!時期を選んでお得な旅行を♪

本州よりも早いお花見やホエールウォッチングなどこの時期ならではの楽しみのある沖縄。旅行代金を抑えて1月に沖縄に行きたいなら、年始や祝日を避けたほうが良く、1月下旬がおすすめです。服装に注意して1月ならではのイベントを楽しんでください。

1月は体温調節できる服装で!

image

沖縄の1月の平均気温は17℃で、10℃を下回ることはほとんどありません。例年1月半ばには桜のつぼみができはじめるので、本州の春をイメージするといいかもしれません。もっとも、海からの北風が吹くため、実際の気温よりも肌寒く感じることがあります。特に海の近くへ出かける際には気を付けてください。できれば冬の服装をしていくのが良いでしょう。半そで半ズボンで過ごすとしてもパーカーやカーディガンなど羽織るものを持参したほうが安心です。足元もサンダルやミュールでずっと過ごすのは難しく、防寒対策をしていくことをおすすめします。スニーカーやパンプスなど春・秋に履いているものを選びましょう。また、沖縄は1月でも日差しが強いので日焼け止めや帽子もマストアイテムです。

1月のおすすめイベント

image

沖縄美ら海水族館や沖縄記念公園などのある本部町では、例年1月中旬から下旬の寒緋桜(カンヒザクラ)の開花に合わせて「本部八重岳桜まつり」が開催されています。“ひとあし、お咲きに”というキャッチフレーズが示すように、標高553メートルの八重岳は日本一早く桜が咲く場所として知られており、どこよりも早く桜を鑑賞することができます。

山裾から山頂までの間に約7,000本の桜が咲き誇っており、毎年訪れる人を魅了しています。祭りは2週間ほど開催されており、週末にはミス桜やヒーローショー、石くびり大会などのイベントが行われています。石くびりとは沖縄の民謡で、恋人と過ごす時間がもっと長く続いてほしいという願いが込められた歌です。この民謡は、古典音楽のなかでも珍しく本調子の独唱の節歌なので、歌唱には高度な技術を要するとされています。このイベントのために日夜練習してきた人々の歌声に耳を傾け、当時の人々の気持ちに想いを馳せてみるのは面白いものです。

アクティビティでおすすめは?

image

数々のマリンスポーツを楽しめる沖縄。1月におすすめのアクティビティは、座間味島近海で冬にだけ見られるホエールウォッチングです。この時期に多いザトウクジラは、気候が温暖で天敵であるシャチのいない冬の時期に出産と子育てのために沖縄の海にやってきています。自然界で生きるクジラを観るのは圧巻で、水族館でオキゴンドウやハナゴンドウを観るのとは違った魅力があります。しかも、運が良ければクジラに出会えるといったわけではなく、かなり高い確率でクジラに出会うことができます。
乗船するときには、船酔いしないように体を締め付けない服装がおすすめです。せっかくクジラに出会えても船酔いでは楽しい思い出にならないかもしれません。二日酔いや睡眠不足を避け、万全の体調にしておきましょう。さらに、防水加工のある上着や雨カッパを持参し、女性でもスカートではなくパンツにすると安心です。また、船内は床が濡れていることも多いので、スニーカーを履いていくと良いでしょう。

世界遺産は外せない!琉球王国に想いを馳せよう

image

沖縄にある世界遺産といえば、首里城を思い浮かべる人も多いでしょう。14世紀の末頃までに築かれたとされる首里城は、琉球王国の国王の居城で19世紀後半に明治政府に明け渡されるまで政治・文化の中心として栄えていました。その後、沖縄戦でグスクの建造物はなくなったものの、20世紀後半に旧来の遺構を埋め戻す形で復元されました。

無料エリアと有料エリアに分かれており、守礼門から奉神門の手前までは無料で行くことができます。守礼門は2,000円札にも描かれているので、見たことのある人も多いかもしれません。そのほか、世界遺産の一部である園比屋武御嶽石門や展望台、首里城資料館が無料エリアにあり、30分ほど見積もっておくと良いでしょう。園比屋武御獄石門は、国王が巡礼する際に必ず礼拝していた場所で、道中の安全祈願の御利益があるとされています。加えて有料エリアも見て回ろうとするなら、1時間半ほどのスケジュールを組んだほうが余裕を持てるはずです。

沖縄の歴史を知る重要なスポットなので、一度は訪れておきたい場所でしょう。首里城の周りには沖縄料理のランチが食べられる茶房やサンゴ染め体験ができる施設もあるので、散策を楽しんでみるのもおすすめです。

1月の沖縄旅行 まとめ

お花見を楽しみたいならば1月下旬がよく、八重岳桜まつりのスケジュールに合わせて行きましょう。ホエールウォッチングは1月から3月までの間は楽しむことができるので、1月中であれば大丈夫です。沖縄ならではの季節のイベントを楽しむことができ、年始や祝日を避ければ格安で旅行できるので1月の沖縄旅行はおすすめです。本州の寒さから逃れたい人にもぴったりの場所です。沖縄には首里城のほかにも今帰仁城跡や座喜味城跡などの世界遺産があるので、自分の興味に合わせてプランを練ってみてください。

TOP