- 沖縄10月の過ごし方 - 国内格安旅行のニーズツアー

東京発・大阪発の格安沖縄ツアー プラン数豊富!

沖縄役立ち情報

10月の沖縄は海遊びもできるおすすめのシーズン!

豊かな自然とエメラルドグリーンの美しい海が広がる沖縄は、非日常を体験できる日本屈指のリゾートです。沖縄旅行をきっかけに、沖縄へ移住する人もいるほど、異国情緒に漂う沖縄に魅了される人が後を絶ちません。沖縄の旅行者が多いシーズンは7月と8月ですが、梅雨シーズンが落ち着いた10月も人気があります。7月や8月の夏休みシーズンと比べると、旅行費用も安く抑えられ、観光施設や名所も比較的空いているためゆったりと過ごせます。

10月の気候と服装は?海水浴もできるの?

ビーチ

梅雨、台風シーズンが過ぎた10月の沖縄は、とても快適です。気象庁の統計情報によれば、10月の最高気温は27.9度。最低気温は23.1度。平均値は25.2度であり、過ごしやすい時期と言えます。水温も高く、日中は海水浴が楽しめます。日中は暑いですが、朝晩は冷えるため、半袖だけでなく長袖があると安心です。気温が10度を下回ることはありませんが、サンダルやミュールだけでは足元が冷えます。薄めのシャツやウインドブレーカーを用意し、スニーカーにすると荷物を減らせるでしょう。
また、沖縄では1年を通して紫外線が降り注ぎます。10月沖縄のUVインデックスの数値は約5.5~7.5で強く、札幌の夏と同じです。海水浴をする場合は、ラッシュガードを持参しましょう。また、こまめに日焼け止めを塗るなどして、肌を紫外線から守りましょう。
台風のイメージが強い沖縄ですが、10月の降水量は152.9mm。7月が141.4mm。8月が240.5mmですから、8月のお盆休暇シーズンよりは雨が降る確率が低いです。晴れる日も多いので、旅行シーズンとしては最適です。

バスツアーで沖縄をお得に周遊!

美ら海水族館

沖縄の観光スポットを巡るならバスツアーを検討しましょう。人気の美ら海水族館や首里場、沖縄県平和祈念資料館などの名所を現地ガイド付きで巡ることができます。さまざまな場所がコースに組み込まれているので、飽きることなく楽しめます。チケットや昼食が付いていることが多く、個別に行くよりもお得。なかには、ツアー利用者限定のプレゼント特典や試食会などがある場合も。沖縄のことは、地元の人がよく知っています。地元事情に詳しい現地ガイドから、観光ガイドブック等には掲載されていない耳寄り情報が手に入るかもしれません。指定ホテルまでの送迎があるバスツアーもあり、上手に利用すれば、1日を有意義に過ごせます。

マングローブ林をカヤックで!非日常感を楽しむ

マングローブカヤック

沖縄のマリンレジャーは定番ですが、沖縄の自然体験アクティビティとして人気なのが、マングローブカヤックです。暑さがやわらいでいる10月は、まさにカヤックシーズン。沖縄では、慶佐次(げさし)、億首(おくくび)、比謝(ひじゃ)の3カ所あり、エリアによって体験できることが違います。市街地から近く、マングローブの種類が豊富にある億首(おくくび)は、シュノーケルやダイビングで人気の青の洞窟からも近いのでアクセスには便利です。アクセスは不便ですが、沖縄で最大規模のマングローブが生育しているのは、慶佐次(げさし)です。こちらのマングローブは国の天然記念物に指定されています。遊歩道もあり、マングローブ林の観光を目的としている人に支持されています。市街地からもっともアクセスがよいのは、比謝(ひじゃ)です。ツアー開催時間も多く、海水浴やシュノーケリングも合わせて楽しみたい人に人気があります。

さらに沖縄のことが分かる産業祭へ

琉球ガラス

沖縄の魅力はアクティビティだけではありません。約400年の歴史を持つ、沖縄の焼き物「やちむん」や素朴な風合いから多くの人に愛されている「芭蕉布」、多彩な色彩が美しい「琉球ガラス」など多様な分野の伝統工芸が受け継がれています。沖縄では10月下旬の週末3日間、産業まつりが開催されています。産業まつりとは、約20万人が訪れる、沖縄県最大の創業産業展のこと。沖縄そばをはじめとする食品ブースが並び、試食もできます。また、かりゆしウエアや「やちむん」、三味線などの伝統工芸品なども揃っていて、掘り出し物が満載です。観光客はもちろん、地元の人にも人気のおまつりです。
開催場所は奥武山公園、沖縄県立武道館。第一会場から第六会場まで設けられ、会場ごとに見どころが異なるため、1日中楽しめます。メインとなる第一会場では、体験教室やトークショー、アトラクションなどが開催されます。なお、開催期間中は、特設駐車場が設置され無料シャトルバスが運行します。参考までに、2018年は10月19日(金)から21日(日)に開催予定です。
産業まつりのほか、体育の日を含む3日間、那覇大綱挽きまつりが開催されています。こちらは、ギネスに認定された全長約200メートル、直径1.6メートルの大綱を東西にわかれて引く大規模な綱引き大会。もちろん、観光客も参加できます。

まとめ

暑すぎず観光地を移動する際にも過ごしやすい10月の沖縄。シュノーケルやダイビングをはじめとするマリンスポーツはもちろん、マングローブカヤックなどの自然体験、沖縄の伝統文化、歴史に触れる観光スポット巡りを楽しんでもよいですね。時期が合えば、産業まつりや那覇大綱挽きまつりなど、沖縄でも人気のイベントにも参加できます。10月は沖縄で、家族や友人、恋人と思い切り遊びませんか。

TOP