- 子連れで沖縄旅行を楽しむ! - 沖縄旅行・北海道旅行・北海道スキーなら国内格安旅行のニーズツアー

東京発・大阪発の沖縄お役立ち情報

沖縄お役立ち情報

子連れで沖縄旅行を楽しむ!準備物やプラン作りは?

美しい海や南国気分が味わえる、魅力たっぷりの沖縄旅行。家族旅行の行き先としても人気がありますが、余裕をもって旅行を楽しむためには事前の準備が大切です。忙しい毎日のなかで細かい準備をするのはなかなか大変なものですが、持参するものやプランをしっかりしておくだけで余裕を持った旅行ができます。そこで今回は、子連れ沖縄旅行の必需品から子どもと一緒に楽しむことができる観光スポットや人気のホテルまで、沖縄旅行のポイントを紹介していきます。

プラン作りのポイント

沖縄旅行を決めたら、まずはどんなことをしたいか考えます。その日の天気や気分で遊びに行くのも楽しいのですが、沖縄には沢山のスポットがあるため、場所や移動時間を把握しておかなければ時間を無駄にしてしまう可能性があるからです。観光スポットを巡りたいのか、海で遊ぶことをメインにしたいのか、ホテルでゆっくりしながら近場を散策したいのか、楽しみ方はさまざまです。また、なかには事前予約が必要なアクティビティもあるので注意してください。
行き先が決まったら、移動手段や食事場所も調べておきましょう。レンタカーを利用するなら事前に予約をしておく必要がありますし、タクシーで移動するならおおよその料金も調べておいたほうが安心です。行きたい場所を調べておけば移動時間や距離の感覚がわかるので、移動手段も考えやすくなります。また、行きたい場所の周辺に、子どもも食べられるメニューの飲食店があるとは限りません。どんな飲食店があるのか、どのタイミングで食事をするかなども考えてみてください。
子連れ旅行のプランは、余裕のあるスケジュールにすることがポイントです。子どもが小さければ小さいほど、体調や状況に合わせなければいけません。スケジュールを詰め込み過ぎると、プラン通りに進まず気持ちばかりが焦ってしまいます。ゆとりある時間設定はもちろん、飲食店も何店舗か候補を考えておくと安心です。

持ち物で必需品は?

image

旅先で困ることのないよう、必需品もチェックしておきましょう。子どもが突然体調を崩すことは珍しくありません。いざというときのために、「健康保険証」「母子健康手帳」「乳幼児医療証」「おくすり手帳」は必須です。お薬手帳は忘れがちですが、いつも飲んでいる薬やこれまで飲んだことのある薬を知るための大切な情報源です。正しい情報を伝えるために、おくすり手帳も必ず持ってください。
沖縄では十分な日焼け対策も必要です。子どもでも使用できる肌にやさしい日焼け止めや、子ども用サングラスを準備します。また、半袖の時期でも日焼け対策に薄手の長袖上着や、ラッシュガードがあると安心です。それから、自然のなかで遊ぶことの多い沖縄では、虫よけ対策もしなければいけません。ちなみに、なかには虫よけスプレーの成分が合わない子どももいます。現地で肌トラブルに困らないよう、事前に問題なく使用できる虫よけスプレーかチェックしてみてください。

子連れ旅におすすめの観光スポット!

沖縄美ら海水族館

沖縄にあるたくさんの観光スポットのなかから3つのスポットを紹介します。1つ目は「ネオパークオキナワ(動植物園)」です。動物と珍しい植物の両方を一度に楽しめる観光スポットです。園内ではアフリカやアマゾン、オセアニアなどの地域に生息する植物や動物を見学することができます。ふれあい広場ではゾウガメとの記念撮影やワンちゃんとの触れ合いを楽しめますし、週末なら釣り堀で釣り体験も可能です。
2つ目は「パイナップルパーク」で、パイナップル好きにはたまらないスポットです。自動運転のカートに乗り、ジャングルのような亜熱帯の森やパイナップル畑を見学します。自動運転のカートというだけで子どもはテンションが上がりそうですが、パイナップルのソフトクリームやシュークリームなどのスイーツも魅力です。園内のレストランでは沖縄ならではのメニューが満載です。
そして3つ目が「沖縄美ら海水族館」です。巨大な水槽で泳ぐジンベエザメやマンタをはじめ、熱帯魚やイルカなど海の生き物を近くで見学することができます。なかでも、人気が高いジンベエザメの給餌解説やイルカショーは必見で、家族みんなで楽しめるスポットのひとつです。

子連れ旅行で人気!おすすめのホテルは?

ルネッサンスリゾートキッズアメニティimage

子連れ旅行でホテルを選ぶポイントは、ホテルの設備や近隣状況が子連れでも大丈夫か調べておくことです。ベビーベッドの貸し出しがあるか、おむつなどの消耗品がなくなったら購入できるかなどを確認します。また、万が一雨でも近隣に子どもが遊べる施設があるかも調べておきましょう。それから、〇歳未満は無料というホテルや〇歳~〇歳までは子供料金などリーズナブルに泊まれるホテルがあります。子供料金の設定があるホテルならお得に旅行を楽しめます。
沖縄への子連れ旅行でチェックしたいホテルは「ルネッサンス リゾート オキナワ」「カヌチャベイホテル&ヴィラズ」「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」です。ルネッサンス リゾート オキナワは恩納村にあるホテルで、どの部屋からでも海が眺められるのが特徴です。レストランはもちろん、天然温泉やプールがあり、子ども用のパジャマやアメニティも揃っています。
カヌチャベイホテル&ヴィラズは名護市にあるリゾートホテルです。9つの宿泊施設のなかには独立型のコテージもあるので、周りを気にせず楽しめるでしょう。4月末~10月までは期間限定のウォーターキッズガーデンが登場し、スライダーやトランポリンなどの水遊びを楽しめます。国頭郡本部町のホテル オリオン モトブ リゾート&スパは、美ら海水族館まで徒歩で行ける距離にあります。レストランでは1週間前までの連絡で、離乳食を準備してくれるので小さな子どもがいても安心です。子どものことを考えた設計のオーシャンキッズルームは、洗面台が低く子供用パジャマが準備されている嬉しいお部屋です。

まとめ

子連れで沖縄旅行をする場合、虫よけや沖縄の強い紫外線対策が必要です。事前に準備しておけば現地であわてることがなく、人気の観光スポットやホテルを親子で楽しむことができるでしょう。また、行きたい場所や移動手段、食事場所の候補も考えておくことでストレスを感じることなく旅行できるはずです。沖縄での家族旅行を思いっきり満喫してください。

TOP