- 沖縄旅行で季節に合ったおすすめの服装 - 沖縄旅行・北海道旅行・北海道スキーなら国内格安旅行のニーズツアー

東京発・大阪発の沖縄お役立ち情報

沖縄お役立ち情報

沖縄旅行で季節に合ったおすすめの服装を教えて!

常夏の島というイメージが強い沖縄ですが、その先入観で沖縄旅行へ行くと大変な思いをしてしまうこともあります。日本でもっとも南にある県とはいえ、沖縄にも四季があります。それでも、沖縄の四季は本州の季節の感覚とは微妙に異なることも事実です。以前に行った際の記憶だけで服装を決めてしまうと、せっかくの沖縄旅行を存分に楽しめないかもしれません。そこで、本州とは気候が異なる沖縄の季節ごとの気候の特徴とおすすめの服装を紹介します。

過ごしやすい春!おすすめの服装は?

3月から5月は、沖縄の方言で「うりずん」と呼ばれる、とても過ごしやすい季節です。そのため、一年の中でも観光客に人気のシーズンでもあります。この時期は、本州の初夏のような爽やかで暖かい風が吹き抜け、早いところでは3月から海開きが始まります。しかし、気持ちのよい天候はそれほど長くは続きません。5月には入梅し、梅雨明けまではじめじめとしたうっとうしい日々が続きます。最高気温が25度を超える夏日も珍しくなく、本州に住む人にとっては春というよりも夏の感覚に近いでしょう。
この時期、もっとも気を付けなければいけないのは、強い紫外線から肌を守ることです。風が吹いて涼しいと感じる日でも、紫外線はたっぷりと降り注いでいます。日中は気温がかなり上昇するので半袖が必要ですが、日焼け対策は万全にしておきましょう。反対に、夕方以降や朝方は気温がぐっと下がることも少なくありません。急な温度変化に対応するため、長袖も準備しておきましょう。

気温が高い夏の服装は?

6月の沖縄は、梅雨の時期特有の湿気寒さと、南国ならではの夏の暑さが繰り返されます。梅雨明けまでは春と同様に、温度調節ができる服装が望ましいでしょう。6月下旬、梅雨明けするといよいよ夏本番です。一日を通して、半袖半ズボンで問題ないでしょう。春の日焼け対策に加えて、熱中症対策も必要になります。帽子やサングラスなどで体を保護し、暑さから身を守りましょう。日差しが非常に強い日は、半袖では逆に暑いと感じることもあります。肌が焼けるような感覚が気になる人は、長袖も持っていくと安心です。
夏の服装は、本州の夏とそれほど違いはないと思っていいでしょう。むしろ、沖縄よりも本州のある地点の方が暑いというケースも少なくありません。冬とは異なり、本州よりも10度も高いということはないので安心しましょう。それでも、何の対策もせずに外へ出てしまうと、肌はかなりのダメージを受けてしまいます。さらに、この時期の沖縄では熱中症の症状を訴える人も増加します。本州と比較して、湿度が高い日も多いので、熱中症対策を万全にすることが大切です。

観光しやすい秋の服装!

9月になると、暑さも多少やわらぎ、観光のベストシーズンを迎えます。それでも、太陽が高い位置にある時間帯は夏同様の暑さとなることも少なくありません。日中と夜間の寒暖差が大きくなり、暑さと寒さの両方に対応できる服装が求められる季節です。また、この時期は台風に見舞われることも多く、肌寒さを感じる日もあります。半袖半ズボンだけでは少々心もとないので、長袖長ズボンを着用した方が安心です。日中の暑さに対応できるよう、下に半袖を着用し、カーディガンやパーカーなどを上から羽織るのもいいですね。
観光地巡りを存分に楽しむには、服装による温度調節がとても大切です。歩いているときは暑かったのに、建物の中に入ったら想像以上に寒かったというケースもあります。また、秋が深まってくると、日差しがある日中でも海から吹き付ける風が寒さを感じさせてしまうこともあるでしょう。9月から11月は、天気や時間帯によってかなりの温度変化があるので、できるだけ快適に過ごせるよう準備していきましょう。

防寒対策も!冬の服装

沖縄の冬は、本州ほどではないものの、冬らしい気温が低い日が続きます。太陽が顔を出す日も少なく、実際の気温よりも寒く感じることも想定されます。1年の中でもっとも寒い12月から2月の期間は、セーターや防寒具も必要になります。常夏の島というイメージは持たずに準備した方がいいでしょう。
しかし、沖縄の冬は「本州のどこから沖縄へ行くか」によって、かなり感じ方が違う時期でもあります。関東以南から沖縄へ行くのであれば、秋に着る服装をイメージするといいでしょう。北海道や東北から沖縄へ行く場合は、12月から2月の間であっても半袖で十分だと感じる人もいます。それでも、夕方以降はかなり冷えると心得ておきましょう。
決して「とても暖かい」とはいえない沖縄の冬ですが、最高気温が夏日になる日もあります。一瞬顔を出した太陽で肌が焼けてしまうことも十分に考えられるので、冬でも紫外線対策は怠らない方がいいでしょう。沖縄の冬は、本州で過ごす冬以上に服装に気をつけ、体調管理をしっかりと行うことが大切です。

まとめ

温暖な気候が特徴の沖縄は、長寿の島といわれるほど体にとってもうれしい場所です。同時に、本州から旅行へ行く際には、気候の違いで体調を崩さぬよう、万全の準備が必要になります。沖縄旅行を存分に楽しむには、季節ごとの特徴を把握しておくことが大切です。これまでの内容を参考に、沖縄の季節に合った服装で出かけましょう。

TOP