- 沖縄おすすめのビーチで遊ぼう - 沖縄旅行・北海道旅行・北海道スキーなら国内格安旅行のニーズツアー

東京発・大阪発の沖縄お役立ち情報

沖縄お役立ち情報

沖縄旅行の醍醐味は海!おすすめのビーチで遊ぼう

国内屈指の人気観光地、沖縄県。極彩色の熱帯植物、ユニークな食材やスイーツ、独自の歴史や文化を持つ琉球王国の歴史遺産、と見どころ満載の沖縄ですが、一番の魅力は何といってもコバルトブルーの美しく輝く海でしょう。マリンスポーツでアクティブに楽しんだり、海を見ながら真っ白な砂浜でのんびり過ごしたり、と沖縄の海には楽しみ方がいろいろあります。今回はそんな沖縄でぜひチェックしたい、おすすめビーチやアクティビティをご紹介します。

海水浴のベストシーズンは?

image

沖縄県のほとんどは熱帯性気候もしくは亜熱帯性気候に属し、1年を通じて温暖な気候です。そのため海を楽しめる期間も長く、3月末に海開きが行われると10月中旬まで海水浴シーズンが続きます。半年以上も海に入ることができるので、ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィーク、と休みに合わせて旅行プランを立てることができますね。しかし3~4月は海から上がったあとに寒さを感じることがあります。この時期に海に入るなら着替えなど事前準備をしっかりしておくべきでしょう。また10月頃になると沖縄本島では少しずつ肌寒くなってきますので、暖かい海を堪能したいなら本島より南に位置する石垣島などの離島へ行くことをおすすめします。
海水浴のベストシーズンはなんといっても6~9月です。夏休み前後のこの時期は地元の人も積極的に海に入る人が多く、海やビーチは賑やかになっていきます。マリンスポーツなどのツアーも頻繁に開催されるので、思いっきり沖縄の海を楽しめるでしょう。ただしこの時期は残念ながら台風シーズンでもあります。天気予報をよくチェックして、必要があるならプラン変更をするなど柔軟に対応しましょう。

沖縄でおすすめのビーチ!

image

沖縄には美しいビーチがあちこちにあります。中でもおすすめは環境省の選定する特選ビーチに選ばれている恩納村の万座ビーチです。沖縄県で「特選」に選ばれているのは万座ビーチを含めて3か所しかありませんので、いかに特別なビーチかがわかるでしょう。白い砂浜と驚きの透明度を誇る美しい海は、眺めているだけでも贅沢気分が味わえます。万座ビーチは沖縄本島のほぼ中心に位置し、那覇空港からは車で約1時間の距離にあります。各種マリンアクティビティが充実、そして目の前には沖縄屈指の景勝地である万座毛も広がっていますので、楽しみ方はいろいろです。
読谷村にある残波ビーチも見逃せません。足元に広がる真っ白な砂浜とコバルトブルーの海が織りなす鮮やかなコントラストが印象的なビーチです。砂浜は歩くときゅっきゅっと音がします。ビーチの隣にはアスレチックやバーベキュー、多目的広場などの施設が充実している「残波岬公園」もありますのでファミリー連れにおすすめです。また北谷村にあるアラハビーチでもバーベキューが楽しめます。近くに人気観光スポットアメリカンビレッジがあることもあり、まるで海外リゾートのような開放的な雰囲気があります。監視員もいるので、子供連れでも安心して楽しめるビーチでしょう。

おすすめのマリンスポーツをご紹介!

シュノーケリング

沖縄へ行くなら、ぜひ各種マリンスポーツも楽しみたいところ。まずはライセンス不要で楽しめるシュノーケリングはいかがでしょうか。シュノーケリングは事前講習が必要なく、小学生でも参加できるファミリーに大人気のアクティビティです。沖縄各地でツアーが開催されており、当日でも申し込み可能なプランが多いので思い立ったときに楽しめます。もう少し本格的に海中探検がしたいなら、体験ダイビングがおすすめです。ライセンスがなくても水深12mのところまで潜ることができ、ウミガメや熱帯魚などと触れ合えます。多くのプランは10歳以上を対象とおり、インストラクターと一緒に潜るので初心者でも安心して楽しめるでしょう。
また、カヤックは季節に関係なく楽しめる人気のアクティビティです。シーカヤックなら浅瀬のサンゴ礁を眺めたり、洞窟の中に入ったり、沖縄の海を隅々まで探検できます。海だけでなく、マングローブの中を進んでいくツーリングツアーもあります。沖縄ならではの動植物を観察しながら、自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

ビーチがおすすめのホテル!

ホテル日航アリビラ

沖縄の海を味わい尽くしたい、という人は目の前にビーチが広がるリゾートホテルに宿泊してみてはいかがでしょうか。例えば読谷村のホテル日航アリビラは、環境省の行った水質調査で最高ランクである「AA」認定をされたニライビーチが目の前に広がります。手つかずの自然が残るビーチで、その美しさに思わず息をのむことでしょう。ホテルの近くとあってシャワーやトイレなどの施設も充実していますし、近くに飲食店もあります。遠浅の海でクラゲよけのネットも張られているので、小さい子どもがいても安心です。
恩納村のシェラトン沖縄サンマリーナリゾートの目の前に広がるビーチも、環境省から「AA」ランクの認定を受ける透明度の高い海です。ビーチを囲うように海上散歩道が設けられており、夕焼け時は美しい景色を眺めながら散歩ができます。同じく恩納村にあるホテルムーンビーチでは、目の前のビーチでさまざまなマリンアクティビティが楽しめます。移動の手間がないので、「せっかくの旅行、時間を無駄にしたくない」という人におすすめのホテルです。

まとめ

このように沖縄の海は楽しみ方がいろいろありますので、プランを立てるだけでも楽しくなってしまいそうですよね。真っ白な砂浜やコバルトブルーに輝く海を眺めるだけでもリゾート気分は味わえますが、せっかくならマリンアクティビティやツアーに参加するなど、沖縄でしかできないことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。友達と、パートナーと、家族と楽しめるプランがいろいろありますので、沖縄へ行く際にはぜひ検討してみてくださいね。

TOP